目の下 たるみ 解消

最近日課にしているまつ毛美容液を塗っている最中に気づいてしまった目の下のたるみ。

 

確かにもう中年と呼ばれる世代にはなってしまいましたが、まだ目の下のたるみを許せる気分ではありません。

 

たるみの原因を調べてみたら、筋力低下、紫外線、刺激、血行不良、栄養不足があるようですね。

 

それぞれの原因と、それを防いで目の下のたるみを解消する方法をご紹介しますね。

 

目の周りの筋力低下を防ぐトレーニング

パソコンやモバイルなどの使用で疲れてしまったり、一定の距離のものばかりを見つめているせいで、筋力が低下してしまう場合と、加齢による筋力の低下があるそうですね。

 

眼球の周りには眼輪筋と外眼筋という筋肉が存在し、眼輪筋はまぶたを開け閉めするときに使われる筋肉で、外眼筋は眼球の向きを変えるのに使われる筋肉です。

 

目の下のたるみは、その眼輪筋の筋力が低下したことで下がった眼球に押された脂肪が飛び出して出来るものです。

 

眼輪筋のトレーニング方法はいくつもあるようですが、一番簡単なのは、あごを引いて上目づかいをしつつ、ぎゅっと強くまばたきをし、今度は天井を向いて目だけは下を見ながらぎゅっと強くまばたきをする事でした。

 

まぶたや目じりを指で押し広げながらまばたきをするというのもありましたが、皮膚がたるみそうでこわかったので、ひっぱらないタイプのトレーニングを選んでみました。

 

紫外線は目の下のたるみの敵です。

お肌の大敵の紫外線ですが、目の周りの皮膚は他の部位よりも薄いため、紫外線のダメージを受けやすく、コラーゲンが破壊されやすいので、紫外線対策は念入りに行う事がよさそうですね。

 

・刺激
肉やタコを調理する際にたたくのは筋組織を破壊して柔らかくするためですよね。
目の周りに強い刺激を与えてしまうと、筋組織がダメージを受け、切れたり伸びたりしてしまうそうです。
目の周りに触れる時には特に注意が必要そうですね。

 

血行不良・栄養不足

肌のハリを保つためには水分も大事ですよね。

 

水分も栄養も血液に乗って体のあちこちに届けられます。

 

血行不良だと十分な水も栄養も届けられなくなってしまいますし、そもそも栄養不足では、肌に必要な栄養をが得られずに、潤いの元になるコラーゲンも、肌バリア機能を高めてくれる脂質も不足してしまいます。

 

バランスの取れた食生活を心掛け、血行促進の為に蒸しタオルをあてて、血流を良くすることがよさそうです。

 

食生活に注意をし、優しく触れることを心掛け、紫外線対策をしっかりと行い、眼輪筋トレーニングと蒸しタオルで血行促進を毎晩の日課にしてみたところ、目の下のたるみも長年居座っていたクマも解消されました。

 

中年と呼ばれる歳になったからといって、目の下のたるみを受け入れる必要はありません。
どれもちょっとしたことですので、たるみのない若々しい目元を取り戻しましょう。

 

 

目の下たるみ解消.net